LOGOトップ料金表ご入稿方法テンプレートQ&A御注文規約・当社について

ご入稿方法

●マスターデータ

-CD・DVD共通-
・データ送付の際、マスターは汚れ、傷がないことを確認してからお送りいただくよう、お願いいたします。
・書込はなるべく低倍速で行ってください。精密な機器を使用しているため、高倍速で書き込んだマスターではスタンパーを作成できない場合があります。
・データは十分に再生確認をした物をご支給いただきますよう、お願い致します。 お客様からご支給いただいたマスターに、傷その他の欠陥があり不具合が生じた場合、当社では責任を負いかねますので盤面の傷等をよくご確認の上、ご支給お願い致します。
・マスターは返却不可です。 
■CDマスター

・普通のオーディオCDを計画の方へ
・CDマスターは一般のオーディオCDで制作し、ご入稿をお願い致します。DDPでの御入稿も承っております。
またWAV入稿もおこなっています。WAV入稿については、Q&Aのページをご参照ください。 ・音楽CDは最長74分が規格となっています。それ以上のものについてはプレスは可能ですが、再生可能かどうかは再生機器に依存します。
・CD-text有りなどは、ご注文の際にその旨ご連絡ください。

・CDROMを計画の方へ
CD-ROMであることを事前にご連絡ください。


・一般的でない特殊なCDをご計画の方へ(普通のオーディオCDを作成される方はこの項目は無視してください、難しい用語がでてきます)
特殊CD(エンハンストCD、CDエクストラ、特殊トラックを作成したCD等)は、可能な場合と追加費用がかかる場合がございますので事前にご相談ください。ご相談が無い場合は、通常のオーディオCDとして取り扱いますので、お客様が計画された特殊機能の部分が反映されないことになります。あらかじめご了承ください。

■DVDマスター
・DVD-9(片面2層)のご注文の場合は、DDPでのご入稿をお願い致します。DVD5の場合はDVD-RまたはDDPまたはISOでの御入稿を承っております。


●デザインデータ(印刷物データ、盤面データ共通)

ご入稿方法
■デザインデータはマスターご送付時に、CD-Rに焼いて同送いただくか、ファイル転送、お客様のサーバーにアップロード、などでもご入稿いただけます。

■ファイルを圧縮する際はzip形式でお願い致します。

-デザインデータ制作時の御注意-
■デザインデータは イラストレーター(Illustrator)で作成してください。

■全てのファイル名は半角英数字にして下さい。

■作成したデータはよくご確認下さい。当方で印刷可能かどうか簡単なチェックは致しますが、ご支給データに不備があり、印刷物に不具合が生じた場合、当社では一切の責任を負いかねます。

■印刷物の色濃度はCMYK合計300%以内にして下さい。濃度が高すぎると印刷不備の原因になります。

■紙の印刷物はオフセット印刷のみとなります。特色印刷は取り扱っておりません。

■ジャケットデザインは面付けをした状態でご入稿お願い致します。

■オビとバックインレイ、ジャケットが続き絵になったデザインなどの場合は、実物大でプリントアウトし、実際にケースに組み立ててデザインにズレがないかをご確認下さい。

■モニタ上やプリンタ出力時の色味と、実際の印刷時の色味とでは差があります。

■オフセット印刷で一般に許容される範囲の汚れ・かすれ・色ズレ・版ズレ、裁断ズレにつきましては、当社でも不良品と見なしかねますのでご理解ください。 印刷は多少の汚れ・かすれが出る場合がございます。

■印刷物は裁断時に1~2mmずれることがあります。裁断時のズレを考慮の上、3ミリの塗り足しまでデザインをしてください。

■マスターより先に印刷データが完成している場合、前もってデータをお送りいただくと、スムーズに作業を進めることが出来ます。デザインデータはネット上で転送いただくこともできます。 お使いのファイル転送サービスでお送りいただいても結構ですし、軽いファイルであれば、メールに添付してお送りいただいても結構です。詳しくはお問い合わせ下さい。

■ご希望の場合、印刷物簡易校正刷りを有料にてお送りいたします。印刷物の種類、ページ数により価格がことなりますので、ご希望の場合は事前にお問い合わせください。 簡易校正は本刷りとは違う印刷方式で出力するため、厳密な色あわせには向いておりません。データ等の確認用です。

テンプレートをご用意しております。 ダウンロードしてご使用下さい。イラストレーターver.8で作成しております。Photoshopでもイラストレータのファイルは開けます。 またテンプレートを開くことが出来なかった場合は、ご連絡下さい。

■当社のCD製品は、台湾から直接お客様にお届けしております。PRESSED IN TAIWAN、Press in Taiwan、Made in Taiwan、など、台湾で製造したものであることがわかる表示を、ジャケットの外から見える部分のどこかに入れていただければ税関でのお客様とのトラブルが予防できます。詳しくは、こちらhttp://www.customs.go.jp/zeikan/seido/origin/qa_origin.htmをお読み下さい。原産国表示やコンテンツに問題がある場合、当社は責任を負えませんのでご了承ください。

●盤面デザインデータ(シルク印刷・オフセット印刷)

-シルク印刷-
■シルク印刷のカラー は「Pantone solid coatedカラー」で指定してください。 (イラストレータのメニューのウィンドウ→スウォッチライブラリでPANTONEカラーを表示できます)
色番号はデータ上の余白部分に明記してください。
■シルク印刷で黒色や白色の場合は、番号で指定をされなくても、「白」「黒」と記載していただければOKです。オフホワイトやグレーがかった黒などの場合は色番号指定してください。
■CD・DVDプレスの場合、シルク印刷は4色まで(白・黒を含む)にしてください。色数がそれ以上になる場合は、オフセットになります。

■データの白い部分 について、白色を印刷か、抜き(下の銀色が見える状態)にするのか、データ上の余白に明記してください。ご指定が無い場合、白色とさせていただきます。
■シルク印刷は、デザインにより、色ごとに黒版を制作していただく場合があります。
-オフセット印刷-
■オフセット印刷の場合、 印刷の特性上、同ロットでも多少色のバラツキのある場合があります。オフセット印刷は通常、まず全面に白を印刷し、その上に画像を印刷します。下に白を印刷しない場合、半分透けた状態になります。特にご指定が無い場合は、下に白を印刷します。

-盤面印刷のヌキ指定について-
■盤面印刷の一部を抜きにした場合、中心部分ちかくは透明になっていますので、ヌキにした部分はすべて銀色にしたいなどの場合はご注意ください。中心~内径36mmまでは透明、36~45mmはそれより外側と銀色の質感が違います。また36~45mm部分には、製造番号などが刻印されていますので、この部分をヌキにすると表から見える場合があります。

 

データご支給の際には必ずお読み下さい。
ご注文時には内容に同意いただいているものとして作業を進めさせていただきます。
お客様ご支給のデータ不備により、不具合が生じた場合、当社では責任を負うことはできません。

 

【デザイン】盤面の作成 CMYKカラー印刷盤面の文字銀抜きの仕方

【デザイン】画像が入ったシルクスクリーン用の盤面データーの作り方

【入稿前】フォントをアウトライン化する

【入稿前】画像の埋め込みを行う