LOGOトップ料金表ご入稿方法テンプレートQ&A御注文規約・当社について

WAV・AIFFでの入稿はどのようにしますか

当社ではWAVやAIFFでのご入稿も承っております。DDP入稿の場合は専門的なソフトが必要ですが、WAV入稿の場合は不要です。また、物理的メディアに書き出すわけではないので、音飛びなどを起こす心配がありません。そのため大変便利です。

ファイル作成上の注意点

WAV・AIFFでご入稿の場合は、次の点をご注意ください。

ファイルの形式

サンプリングレート44.1KHz、サンプリング数は2チャンネル(ステレオ)16ビットの形式でお願いします。これ以外の形式でご入稿しますと音質に差がでることになります。

ファイル名の付け方

ファイル名の先頭に2桁の半角英数字で曲順を表す番号をつけてください。01... 02... 03... といった具合です。

標準の曲間は2秒になります

曲間(音ファイルと音ファイルの間の間隔)は2秒になります。当社では曲間を標準で2秒とさせていただいております。

0秒の場合は?

0秒にする場合は音源以外に。曲間.txt というファイルを作成し、その中に0秒と記載ねがいます。

例:曲間.txtの内容は次のとおり(1行だけです)

曲間 0秒

[重要]このファイルが無い場合でWAV入稿の場合、曲間は2秒となります。あらかじめご了承ください。

WAVまたはAIFFでご入稿の場合は、全部の音源を一つのZIPファイルにまとめてください。

アップロード時の注意

必ず全曲を一つのフォルダーに入れて、フォルダーごとZIPしてアップロードしてください。